ワードプレスの特徴とドメインの取得、運用について

PHPやMySQLを使用したサーバサイドのアプリケーションとして世界的に普及しているワードプレスですが、近年では企業のみならず個人ユーザの間でも広く利用されています。ワードプレスの利便性が評価されていることと、ホスティングサービスやドメイン維持に関わるコストが下がったことが、普及の大きな要因と考えられます。
ワードプレスの特徴は、一旦サーバに導入すれば、コンテンツの更新をブログのように簡略化できることです。従来ならホームページ制作代行業者などに発注していた更新作業を自社で完結できるという特徴があります。また、ワードプレスの公式サイトから無料のデザインテンプレート(テーマ)をダウンロードして利用できるのも大きな特徴です。サイトの立ち上げと運営を自社でコントロールすることを可能とし、テキストや画像といったコンテンツの制作に集中できることも、特徴として挙げられる大きなメリットです。サーバにインストールするのも、作業は比較的簡単なため、導入の敷居が低いというのも特徴です。
また、コンテンツを制作するメンバーに、管理者や編集者といった権限を割り振り、それぞれにワードプレスのアカウントを割り当てて、グループで運営することが可能です。この場合、編集者はHTMLやCSSなどの技術的な知識を必要とされないので、グループ運営の機能はコンテンツ制作を自社で行うのに非常に適しています。
ワードプレスを利用する際には、ドメインを所有していない場合は、新規にドメインの取得が必要になります。ワードプレスの運営を開始した後に、仮にドメインの移転などが発生した場合でも、ワードプレスでのドメイン名の設定を変更することで対応できます。

ページトップへ