ドメイン選択時に重要な品質スコアとセキュリティ

ドメインを取得するのは簡単ですが、いくつか注意したいポイントがあります。もっとも重要なポイントはセキュリティです。ドメインにセキュリティとはあまり関係ないと思われがちですが、新規に取ったつもりでも実は利用履歴がある場合があり、チェックしておきたいところです。チェック方法としてはメールのブラックリストとドメイン履歴になります。メールはスパムなどを大量に出した場合はブラックリストにのります。ブラックリストは団体で管理され、無料公開されていますのでチェックしておきたいです。特にブラックリストに載ったドメインは再販業者も手を出さず放棄され、新規取得可能になるケースが多いです。2つめはドメイン履歴です。こちらも無料でチェックできるサイトがあるので利用したいところです。チェックではどのようなホームページで使われていたかが分かります。利用履歴があった場合は検索サイトでドメイン検索をしてみると評価が分かります。つい最近まで利用されていたのに検索サイトで結果がないならペナルティを受けている可能性が出てきます。ペナルティも評価も一定期間は残され、引き継ぐことになるのでウェブサイトで利用する予定なら注意したいポイントです。このようなチェックをすればドメインの品質スコアが分かってきます。すくなくともブラックリストに載ったドメインの取得は避けたいところですが、意外と問題となるのが検索履歴と言われています。何もない場合でもペナルティを受けていれば新規サイトで評価がなくなる可能性も高いです。また、履歴にアダルト系がある場合も要注意です。企業で使う場合はキャッシュが検索サイトに残るケースもあり、企業イメージが悪くなる可能性もあります。

ページトップへ