SEO対策とドメインの関係とは

ドメイン名の付け方もある意味seo対策になります。キーワード選定の一種と言えるでしょう。ユーザーがよく検索するワードや、自身のサイトのコンテンツに合ったものであれば良いです。日本語か英語かはグーグルは翻訳機能があるのでどちらでも良いです。どっちにしてもコンテンツがユーザーの求めるものであれば表示するでしょう。このようにSEO対策にはなるのですが、あまり気にし過ぎても仕方がないでしょう。だいたいコンテンツに合っていて、シンプルで短いものであればそれでよいです。昔よりもドメイン名自体のSEO効果は良くも悪くも弱まっています。それよりもコンテンツや内部のリンクなどの見やすさが重視されるというユーザー目線のアルゴリズムに変わっていっています。SEOはもともとグーグルに対してアピールするような目的ですが、そんなことをしなくてもグーグル側から良質なコンテンツのサイトは表示するという状況をグーグルは目指しています。そのため、SEOをしているサイトははじいていきたいのが本音です。ブラックハットとホワイトハットの境界線は曖昧なところもありますが、どちらかというと、ブラックハットの領域が増えていくでしょう。コンテンツの強化などのユーザーにメリットのあるもの以外は全部ブラックハットのような状況になっていくことは予想されます。そしてブラックハットははじき出されるので、SEO対策を意識しつつもそれは前面に出さない方が良いというくらいの状況です。今後アルゴリズムが進化していくと、そもそもSEO対策はやらない方が良いという状況になることが予想されます。なぜなら今も昔もグーグルはSEO対策自体は嫌いだからです。

自分のドメインをよく知ろう

自分のドメインとは、コンテンツに合っているのかということに始まり、実際にサイトを運営しているときには、ツールでどれだけの集客があって、どのようなワードでどのページに来ているのかといったことは無料のツールで調べることが可能です。これらの調査を行って、今後のコンテンツの方向性などを決定します。しかし、まずはコンテンツの数と質です。文章でも写真でも動画でも良いのですが、とにかく情報を配信している絶対量と質がなければ何をやっても無駄です。ツールで調べて少ないなと思ったところで、コンテンツが足りなければ当然の結果としかならないです。他のことはあくまで補助的なものだということは知っておいた方が良いでしょう。優先すべきはコンテンツ、内部seo、外部seoの順です。まずはコンテンツを作成し、それを見やすくするのが内部seoです。内部のリンクやレイアウトを見直すことで、ユーザーもクローラーもより巡回しやすいサイトを目指します。これは、サイトが見にくいとコンテンツが良くても離れてしまう可能性があるためです。なので、いくら整っていても、コンテンツ以上の実力を発揮するものでもないです。外部seoに関しては、コンテンツもできて、内部seoもやっているのにクローラーが巡回してくる頻度が極端に少ないなどの問題の際に実施します。当然ですが、いくらクローラーを巡回させたところで、サイトのコンテンツの質が低いとすぐに出ていきますし、内部seoができていないと見にくくて終わります。そして、内部seoが完璧で、クローラーがくまなく巡回しても、コンテンツの質が低いと結果的に低い評価で終わります。要するに、コンテンツから始めて広げていく感じです。

ドメインの役割を知ろう

ドメインの役割はサイトの住所のようなものです。インターネット上の情報はすべてどこかのサーバー上にあるもので、そのサーバー同士をアクセスしているだけです。クラウドという概念のせいで、物理的に存在しないところに大量にデータが保存されているような印象を受けますが、厳密には少し違います。たしかに仮想的な空間を作り出してはいるのですが、物理的に存在するサーバーの領域を仮想的に割当てているだけです。 要するに、物理的に領域がないところにクラウドはできないということです。物理的な領域を、あたかも小型のサーバーが他にあるかのように、分割している状態をクラウドと呼んでいます。なので、クラウドサービスで保存したデータは、物理的なサーバーの上にある仮想空間の上にあります。決して領域が無限にあるわけではないのです。魔法のようなものではありません。そしてこのドメインは、seoにおいてもある程度重要な役割を果たします。検索ユーザーが検索ボックスに入力したワードと一致もしくは近いものであった方が検索上位に表示されやすくなります。しかしこれに関しては昔ほど単にドメインと検索ワードの一致で表示しているという感じではなくなっています。コンテンツの内容を評価しています。この評価というのは、コンテンツの質ももちろんなのですが、そのユーザーが求めている内容と一致しているかという観点です。ドメイン名が一致していても、ユーザーの求めるコンテンツでなければ意味ないということです。逆に言えば、ドメインが検索ワードと一致していなくても、コンテンツがユーザーの求めるものだという判定をしたら上位表示することになります。商品名を検索したら通販サイトが出たというのはわかりやすい例です。

ページトップへ